Push運用で継続率が10%伸びた話

Pocket

156023705

Retention(呼び戻し)で、単純ですがやっぱり効果が出やすいpush通知。
今回もSimplogで実施した事例をまとめておきます。

結論から言うと、Push運用で継続率が伸びた

  • 7日後継続率は1ヶ月で約10pt伸びた(最小値から最大値の差)

  • push開封率は最大で9.4pt伸びた

いきなり結論ですが、効果でました。
ほとんど何もやっていないに等しい状態だったので当たり前といえば当たり前ですが、
サービスグロースにおいて、継続率10ptアップなど、とんでもなくありがたい数字な訳です。
毎日、毎月、1.1倍のユーザーが上乗せされる訳なので

Microsoft Excel

 

1ヶ月たてば約1.19倍のユーザーが残っている計算。年間換算すると母数はデカイです。ありがたや。

どーやって改善していったか

基本的には新規登録から翌日、3日後、5日後で呼び戻しのpushを実施しました。
とにかく重要視していたのは大粒(上位概念)から検証すること。
pushの効果を左右するパラメータを試しに大粒と思われるものから並べてみると

  • 訴求(文言、内容)
  • 手法(バッジ/サウンドなど)
  • 時間帯
  • 期間(どれくらい空けて打つか)
  • 曜日
  • OS出し分け(Androidはテキスト表示が限られてる)

こんな感じになります。
まずはぶっ刺さる訴求軸は何なのかの検証をしていきました。
Simplogはブログサービスですし、体験としても投稿を最もして欲しいと考えており、
それまでは投稿訴求を中心に行っていました。しかし、投稿するネタがいつもある訳じゃないという仮説から人気の投稿を見てみる、という訴求に変えたところ開封率がアップ。
また、「ランキング」というKWを入れることで数字が安定してくることも分かりました。

あとは、手法も数字を大きく伸ばしました。無音の通知から、バッジ+サウンドにすることで気づき、開いてもらえるケースが増えたと思います。

時間の検証は面白い結果になりました。登録翌日ユーザーにはお昼、3日目以降のユーザーには21時が最も開封率が高く、3-5ptぐらいの差が出ました。

これから

今現在進めてる検証としては、OS別の文言出し分け、期間(3、5日後を4、7日後に変更)、細かい文言要素の突き詰め(疑問符、枕詞など)を実施していきつつ、さらに細かい配信設定に落としていく予定です。

ある程度固まってきたら、曜日によってデモグラ別で出し分ける方法もチャレンジしていきたいと思います。そのユーザーにとって日常の過ごし方は異なるので、タイミングや言い回しをもっと深堀れそう。

あとは大前提として「自分に強く関係すること」が重要でありPathのNudgeのようなリアルグラフを取り入れた方法や、自分のブログに興味関心のある人の可視化など、本質的な方法も取り入れたいと思っています。

最後に

他にも特別な時には全ユーザー向けのpushもやります。
ここに関しては間違いなく時事ネタが刺さる。クリスマス、お正月、成人式、雪など天災系、などは事前にコンテンツも準備し、且つ朝からユーザーの動きを見ながらタイミングと内容を決めるようにしており、デモグラがバラバラの全ユーザーに対して何が最小公約数なのかを深く考えるようにしています。

また、今回のようなpush改善に踏み切るきっかけになったのも
シロクのGrowthPushの存在が大きかったです。いつもありがとうございます。

プッシュ通知送信管理・解析サービス。iOS, Android, cocos2d-x, unity, Adobe AIRに対応! | Growth Push

 

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>